水泳で、 よく足が攣る人へ

水泳で、 よく足が攣る人へ

前回の記事「2018辰巳杯」に戻る

水泳は、関節への負担が少なく、筋力へ負荷をかけることが出来る、非常に健康増進によいスポーツ。

しかし、カルシウムは汗とともに体外へ排出されてしまうので、水泳も他のスポーツ同様、カルシウム摂取を心がけなくてはいけません。

水中って意外と汗をたくさんかいてるものです。

1時間、水泳を行うと、1L~2Lの汗をかくといわれていますが、

その中に40mg-70mgのカルシウムが含まれています。

経口摂取のカルシウムは3割程度しか吸収できないものですから、やはり意識しておく必要があります。

カルシウム不足で身近に起こる現象といえば

「足が攣る」こと。

足がよく攣る人は慢性的にカルシウム不足になっている可能性も。

また、一番怖いのは、体がカルシウム不足になると、骨のカルシウムを体に回してしまう機能がある事です。

女性は特にカルシウム不足になりやすく、骨からその不足分を補う為、骨粗しょう症になる方が多くいらっしゃいます。

最近では若い女性にも見られるということで、注意が必要です。

サプリメントも出ていますので、補助として購入されるのもオススメします。

しかし、それだけに頼らず、普段からカルシウムやビタミンの多い食事を心がける事が最も重要です。

水泳カテゴリの最新記事