LIFE

4/5ページ

スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて④

前回の記事「スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて③」へ戻る 水の中は仕事で入る。。が、自身の練習ではない。 しばらく自分のスイムトレーニングというのはやっていない。 トライアスロンを始める前はウエイトトレーニングや陸上の動作トレーニングをメインに。 トライアスロントレーニングを始めてから心肺機能や下半身は自然と鍛えられる。 泳ぎは、感覚と浮心を感じることが大切なのだ。 相手は水。 頑 […]

スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて③

前回の記事「スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて②」に戻る 最初のレースの予定は「沼津トライアスロン駅伝」 駅伝なのでオリンピックディスタンスの距離より短く、3種目×3人のリレー。 スイム750m、バイク20km、ラン5km。 引き続き、練習は続く… デビューするにあたり、バイク、ランのコーチをしてもらった、おぐさん。 湘南を拠点に。 横浜ランをみなさんとやったり、 ランニングコミュ […]

スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて②

前回の記事「スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて①」に戻る そもそも水中というのは陸に比べて負荷が少ない。 ご高齢の方やアスリートのリハビリにも使われるくらい。 そんなことから、スイマーは全般的に「関節が緩い」のだ。 スイマーは毎日ストレッチをする風習もあるため、柔軟性も高い。 大学時代は10月のオフ明けのトレーニングとして陸上競技場を使って、JOGや股関節ドリルなどやったことはある […]

スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて①

前回の記事「水泳で心肺機能向上」に戻る クロスフィットが流行っているが、中央大学水泳部にいたときからトレーニングには取り入れていて、それが世間一般的に広まったイメージがある。 トップアスリートは並行してやっているんじゃないかな。 社会人になり、インストラクター雑誌、NEXTにも私の記事を特集していただいたこともある。 2015年の記事ですが、気になる方はこちらから。 NEXT1012015/Aug […]

さらば青春の光【単独ライブ】真っ二つ

前回の記事「泳ぎの理想の姿勢」に戻る お笑いコンビ“さらば青春の光“さん、 単独ライブ『真っ二つ』へ! 3日間5公演チケット前売券完売。当日券なし。 ネタが終わるたびに拍手が起こり、かなり完成度の高いネタに入り込んでしまいました。 さすが実力派コント師。 笑いはもちろん、間の取り方やトーク、大変勉強になりました😄 ヤマネ ヒロマサさん、ご招待ありがとうござい […]

Maeda Twins 30th Birthday party

2018年9月28日! 30歳になりました! 先日、僭越ながら双子の兄、健輔と合同バースデーパーティーを決行。 実は私たち、幼い頃から自分たちで誕生日会を主催し、家に友達を呼ぶということを繰り返しておりました。 幼少の頃からやってることは変わってないわけですね。 今はお互い職種も異なりますから、ふたりの呼びたい人を呼び、仕事でもなんでも、化学反応が起きてくれればいいなぁと思ってみたり。 昨年に引き […]

水泳は生涯スポーツ

前回の記事「伊藤忠商事トライアスロン部」に戻る スポーツ × ライフスタイルWEBマガジン「MELOS(メロス)」に掲載されています。 水の中に入ることで得られるメリットや、水の特性などについて話しています。 ぜひご覧ください。 練習する時間帯で効果が変わる?水泳のベストな時間帯とは

マーマンキング

前回「アスリートプランニングとマネジメント契約」に戻る 私がプロスイムコーチとして呼ばれている中での名称がある。 「マーマンキング」 今となっては名も広まり、「マーマン」なんて呼ばれたりもする。私にとっては「コーチ」と同じ意味で捉えている。 このマーマンキングの由来。 名付け親は、スイスのシューズメーカー「On」の日本法人代表、駒田さんである。 (駒田さんのブログはコチラ「駒田博紀の鉄人鍛錬紀」) […]

アスリートプランニングとマネジメント契約

  前回の記事「スポーツを楽しむ人のウェブマガジン「onyourmark」に掲載されました」に戻る 2017年12月より株式会社アスリートプランニングとのマネジメントと契約を結んで、活動しています。 アスリート×「α」=オンリーワン人材にするアスリートのマネジメント事業開始 これもひとえに、皆さまのお力添えのおかげと、深く感謝しております。 アスリートプランニングは体育会就職支援の最大手 […]

スポーツを楽しむ人のウェブマガジン「onyourmark」に掲載されました

前回の記事「大学時代に水泳を通して培われたもの」に戻る トライアスロンの合宿での帯同をきっかけにスポーツを楽しむ人のウェブマガジン「onyourmark」に掲載されています。 私自身のヒストリーや今の職業をしていくにあたって、どのような意識で取り組んでいくか。 是非ご覧下さい! MARK PEOPLE #445 前田康輔

1 4 5