自由形の呼吸

前回の記事愛すべき親友の送別会 に戻る

クロールができない・苦手な人の要因の一つとして”息継ぎの仕方がわからない”というご意見が多いです。

原因としては、息継ぎのイメージが間違っているのだと思います。

まず、顔はあげない。

えっ!?と思われた方もおりますでしょうか。

顔は、上に上げるのではなく、横へひねるんです。

首を回すだけ。

息つぎのとき、顎と肩は、接している。

むしろ顎は引くくらいです。

上へあげちゃうと、重心が下がり体が沈みやすくなり、余分な体力が必要になったり、もしくはバランスを崩してしまいます。

まずはプールの壁際などで地に足がついていたほうが、焦らずに練習できると思います。

顔をつけておいて、目一杯息を吐いて、真横に顔をあげます。あとは口をひらけば、勝手に空気が入ってくると思います。

泳ぐ際は吐き切ることも大切なので、吸う意識ばかりではなく、吐くことも意識していきましょう。

左右の呼吸に関してはおよそ自分の得意な方向があると思います。 腕を3回、回してそのうちの1回呼吸する方もおられますし、2回に1回の方もいます。

自分にあった呼吸の仕方を見直していきましょう!

次回長所は伸ばして、短所は愛して。 に進む

スイムテクニックカテゴリの最新記事