マーマンキング

前回「アスリートプランニングとマネジメント契約」に戻る

私がプロスイムコーチとして呼ばれている中での名称がある。

「マーマンキング」

今となっては名も広まり、「マーマン」なんて呼ばれたりもする。私にとっては「コーチ」と同じ意味で捉えている。

このマーマンキングの由来。

名付け親は、スイスのシューズメーカー「Onの日本法人代表、駒田さんである。

(駒田さんのブログはコチラ「駒田博紀の鉄人鍛錬紀」)

昨年、私が3月からプロスイムコーチとして活動し始めた頃、ご縁もあり、パールイズミのトライアスロンコミュニティ、「PI TRIにスイムコーチとして招聘していただく機会をいただいた。

そもそもパールイズミはサイクルウェアジャージの老舗。

トライアスロン界にトライスーツを参入させようという、新たな旋風を巻き起こそうとしていたのである。

その立ち上げが昨年。

その発起人はパールイズミの専務、清水さん。通称パールイズ男。

彼は今までスポーツで感じてきたことを一新したい、また彼自身がスポーツを通して変化したことを形にしたく、トライスーツの企画でトライアスロンコミュニティを立ち上げた。

初のイベントとして、トライアスロンコミュニティで館山合宿が企画され、私はスイムコーチとして招聘された。

その中でメンバー全員に「コードネーム」としてニックネームを付けていたのが駒田さん。

清水さんからも要望が入る。

「前田さんにニックネームを付けてあげてください」

駒田さん「もう考えてあります」

即答だった。

「マーマンキング」

ざわつくメンバー

「その風貌、肩幅、スイマーでの実績、もうその名前以外に思いつきません」

忘れもしない、2017年7月。

私は新たな”芸名”をいただき、

新たな人生のきっかけを歩み出すことになるのである。

LIFEカテゴリの最新記事