2/7ページ

2/7ページ

2018マーマンキング忘年会

前回の記事「YouTube第2弾。撮影日。」に戻る 今年も開催。 マーマンキング忘年会。 今回は幹事も立て、企画も考えました。 幹事のお二人。 畑野 仁さん、松本 重範さん。 乾杯の音頭を駒田さんにお願いし、スタート。 とにかくニヤニヤが止まらない、駒田さん。 忘年会では私の行なっている活動をご報告。 チームを中心にご招待させていただいたので、各チーム紹介を行い、くじ引き! 30名様分の景品付。 […]

YouTube第2弾。撮影日。

前回の記事「水泳と肩幅②」に戻る YouTube「マーマンキングチャンネル」撮影日。 今回の撮影場所は… カワサキスイミングクラブ さまをお借りして撮影。 第2弾にして、今回のゲストは… 公私ともに仲良くさせていただいている、 On japan の駒田さん ! わーい!ご出演ありがとうございます! 今回のテーマは「対決」。 駒田さんのおかげで楽しく撮影終えました。 果たしてどんな動画になるか。 年 […]

水泳と肩幅②

前回の記事「水泳と肩幅①」に戻る 確かに、子供の頃から水泳を始めた競泳選手は、肩を1回の練習で何千回、何万回と回し、肩の骨格自体が広くなってしまいます。 しかし、大人になってしまうと、手も、足も、身長も伸びない事から明らかのように、肩幅も広くはなりません。 肩幅だけが大人になっても成長するなんて話の方が、非科学的で非現実的。 もちろん、現役競泳選手並に強い強度で泳ぎ込めば、泳ぐだけでも、肩幅が広く […]

水泳と肩幅①

前回の記事「「BASIピラティス」サポートしていただくことになりました」に戻る 夏が近づくと、男性雑誌には、 『水泳で、スイマーのような逆三角形体型を手に入れよう』 といった特集をよく見かける。 『逆三効果』を期待して、春先から慌ててプールに通いだした男性には申し訳ないが、水泳で肩幅が広くなる事はない。 『スイマーの体は、実際に逆三角形じゃないか!』 はい、逆三角形です。 しかし、 それは体が第二 […]

「BASIピラティス」サポートしていただくことになりました

前回の記事「2018神奈川マスターズスプリント」に戻る 世界30カ国以上で展開する「BASIピラティス」にサポートをしていただくことになりました。 (https://www.basipilates.jp ) ピラティスをご存知の方も多いかと思いますが、「呼吸」「身体意識向上」「正しい姿勢」が主に3つのトレーニング軸。 負荷を加えて強くするものではなく、身体と心の「コントロール」を基本的な要素として […]

  • 2018.12.03

2018神奈川マスターズスプリント

前回の記事「高校までは水泳マシーンだった話②」に進む 年内最後のレースへ! 3ヶ月ぶりのマスターズレース! 100m自由形(30〜34歳区分) 51″12(1位、大会新) 会場でのご声援ありがとうございました。 ここ1、2年で声をかけてくださる方が増えたのはすごく嬉しいです。 2018ラストレース。スタートに立ったら、皆条件は同じ。 また来年に向けて、トレーニングをしていこう。陸上トレ […]

高校までは水泳マシーンだった話②

前章「高校までは水泳マシーン。だった話①」 前回の記事「markに掲載されています」に戻る 大学に入ってからは視野が広がった。 というより親元を離れて、寮で生活。 自炊、掃除、洗濯。 加えて、寮生活での当番がある。 先輩への挨拶、授業、トレーニング。 全てが目まぐるしく変わった。 (海外合宿でクロアチア代表選手と) だが、今までと違う点がある。 水泳だけに打ち込むのではなく、他のこともしなくてはい […]

心の折れない人。

前回の記事「中央大学水泳部の科学的トレーニングで学んだ、コーチングの基盤。」に戻る 私がアスリートとして20年以上通して、得たものがある。 「心の持っていき方」だ。 現役時代はフィジカル以外にも”キツい”と感じることが多々ある。 その中でも比重が大きいのが”メンタル”だ。 「勝ち、負け。」 「タイムが伸びない。」 「何のためにやっているんだ。」 「こ […]

中央大学水泳部の科学的トレーニングで学んだ、コーチングの基盤。

前回の記事「YouTubeチャンネル完成。」に戻る 高校まで恩師とは別に 大学での恩師、中央大学名誉教授の吉村先生。 (生意気にも肩を組んじゃってます) 吉村先生がいち早く日本に導入した科学的トレーニングの原型は米国にあり。 米国の大学スポーツはシーズン制がとられており、どのスポーツも「全米大学体育協会(NCAA)」によって、練習は週20時間までと決められている。 もちろんスイミングも同様で、選手 […]

1 2 7