水泳がもたらすリラックス効果

水泳がもたらすリラックス効果

前回の記事「泳ぎの理想の姿勢」に戻る

 

水泳による脳への刺激がもたらす効果のひとつに「リラックス」があります。

泳いだ後は、脳内セロトニンの分泌により、気分も安定し、筋肉も柔らかくなります。

そうすると、緊張感も取れて、自己開示したくなり、人と話したくなります。

 

泳いだ後のリラックスした会話の楽しさに心当たりがある人もいるのではないですか?

{3570E4F2-5D98-4257-884B-D901D04D2152}

また、この筋肉の弛緩とリラックスで快眠快食がもたらされることで、気持ちの安定感が生まれるといいます。

うつ病をはじめとする自律神経失調症、ストレス性障害などの人は、不眠などの睡眠トラブルを抱えている場合が多いようです。

うまく循環しないエネルギーを泳ぐことにより、発散してあげることで、気持ちも安定するのです。

1日のはじまりに。

仕事終わりに。

継続的に水の中に入ってみてはいかがですか?

水泳カテゴリの最新記事