泳ぎは個性

前回の記事「話を聞く人の範囲を広げたら思考回路も広がった話」に戻る

泳ぎは個性。

どういうことなのか。
人の体の大きさや柔軟性、水の捉え方など、誰一人として同じ泳ぎをしている人はいない。
その人の生まれ持った体の特性が活かされる。
柔軟性、動かし方、水のとらえ方…
そして泳ぎの個性、同様に、
レースで同じ泳ぎ、同じタイムで泳ぐことはない。
同じような感覚はあっても、その泳ぎはそのレースじゃないとできなかったりする。
{FC8C3EDE-F747-4894-9C86-5D61912EB05B}
{72CF0DD1-CDA0-473E-810A-BCB8A3462926}
競泳は0.01秒を縮めるために競い合うスポーツ。
その為に毎日何時間も水の中でトレーニングを行う。
自分の泳ぎを磨いていく、追求していき、より個性のあるオリジナリティ溢れたものにしていく。
では今日は私のお気に入りのレースを。
ロンドン五輪100m自由形。決勝。
アメリカのNathan Adrianは私の同い年。
タッチまで目が離せません。
どうぞご覧ください。
https://youtu.be/VO7y41uBdUA

スイムテクニックカテゴリの最新記事