長く泳げるようになるコツ

前回の記事「水泳で心肺機能向上」に戻る

長距離泳ぎたい、そんな方は多いと思います。
でも、消費カロリーが大きい水泳で長い距離泳ぐのは、やはりコツや慣れが必要です。
では、どうすればコツや慣れを手に入れる事が出来るのでしょうか?
人は浮きます。
その浮力を如何に活かすか、それが最大のポイントとなります。
下手に力を入れれば入れるほど、沈む力が働き、呼吸をしようしようとすればするほど沈みやすくなります。
どれだけリラックスしていられるか、どれだけ余分な動きをなくせるかが重要です。
では、水に慣れるには?
慣れは、慣れ。
水の中に入る回数を増やしましょう。
でもただ闇雲に泳げばよいかと言うとそうではなく、
時にはもぐってみたり、
ジャンプして沈んでみたり、
水中で回転してみたり、
逆さになってみたり、
いろいろな動きをしてみて下さい。
自転車に乗れる方は、バランスが崩れそうになると自然に逆に体を傾けてバランスをとったり出来ると思いますが、これは無意識の範疇です。
水泳も同じ。自然な動作を無意識に行う事が一番無駄がないのです。
そして、無意識に出来るようになるには、一度そのような状況をつくって、「あ、こうすればバランスが崩れないんだ!」とか
「こんなに力を抜いても大丈夫だ!」などを体に覚えさせる事が必要なのです。
そのために、是非飛んだりはねたりもぐったり、遊びを取り入れて下さい。逆さに進んでも面白いかもしれませんよ。
「無駄のない動きは、たくさんの無駄な動きから学べる」
そこから経験していくのも良いのではないでしょうか。

スイムテクニックカテゴリの最新記事