トライアスロン

2/8ページ

PI TRI 春の西湖ゆる合宿1日目①

前回の記事「2018年度マスターズ世界ランキング」に戻る 所属するトライアスロンチーム、 Pearl lzumi Triathlon(通称=PI TRI)の合宿がGWに行われた。 今回は全員参加ではなく、有志企画。 企画したのはパールイズミアンバサダーの勇輝さんだ。 今回のテーマは「ゆる合宿」 いつもはガチなトレーニングを毎回しているが、今回は有志ということもあり、ある程度決まったトレーニングスケ […]

幸先の良いお知らせ

前回「湘南ライド」に戻る トライアスロンシーズンイン! シーズン初戦の石垣島トライアスロンにてスイムベスト更新おめでとうございます🎉👏 1500mで2分半短縮!27分→24分30秒! 幸先良い👍 泳ぎの感覚と技術が重なってきましたね〜 今日はプチお疲れさま会! お店は不動前の焼肉しみず! どれも美味で最高でした。 7月までレース尽くしですが、引き続き […]

Zone3 RUN & SWIM CLUB

前回「東北日帰り出張」に戻る 私もマスターコーチとして携わっている、 イギリスのマルチスポーツブランド「Zone3」が 「Zone3 RUN & SWIM CLUB」を立ち上げ、トライアスリートやスイマー、ランナーの方々とオーシャンスイムやランニングを楽しむ、新しいコミュニティスタイルを始めました! 最初のイベントは5月4日(土)湘南にてイベントがあります! 皆さまのご参加をお待ちしていま […]

5月の「ドリルで泳ぎ込み」シリーズ

前回の記事「水泳と汗③」に戻る 5月の「ドリルで泳ぎ込み」シリーズは 3回実施予定です。 ただなんとなく泳ぐだけではテクニックスキルは身につきません。 ひとかきひとかきの効率をどのようにあげていくかドリルトレーニングしていきましょう! ご参加お待ちしています! 5月4日(土) https://www.facebook.com/events/623607724803398/ 5月6日(月) http […]

水泳と汗③

前回の記事「高校水泳部同期の結婚式」に戻る 水泳後、喉は渇きませんか? 脳が渇きを認知するのは体中の水分が2%失われたときだそうです。 運動時の動作能力は総水分量の1~2%失っただけでも低下し、 4%の水分を喪失すると運動能力は極端に低下します。 2%というとたいした量ではないように思いますが、体重65kgの人ならその70%の45,5㎏が水ということになり、その2%は0,91リットル。 つまりのど […]

水泳と汗②

前回の記事「水泳と汗①」に戻る 私達の体重の60~70%は水で構成されています。運動によって汗をかいたりすると、この一部が失われます。 この過程を「脱水」といいます。 気温が高いと汗の量も増えるために脱水になりやすく、場合によっては心拍出量が減少して循環虚脱の状態に陥ることがあります。つまり、疲労してボーッとした状態です。 これを「熱疲労」といいます。 ただ、水は空気に比べ熱の伝導率がよく、水中で […]

水泳と汗①

前回の記事「さらば青春の光「大三元」」に戻る 人間の体というのは巧妙に調節されていて、特殊な病気でもない限り不必要な水分を欲しがったりはしません。 のどが渇いたと思うのは体が水分や電解質の補給を必要としているからです。 また場合によっては、運動をしている本人の要求を満たすだけの水分補給では、汗として失った水分を完全に補充できないこともあります。 運動をすると体温が上昇しますが、これは運動に必要なエ […]

バナナが好きすぎて。

前回の記事「水泳で美肌になれる!?」に戻る よく生徒の皆さんからこんな質問を受けます。 「運動の前後は何を食べたらいいですか?」 私は 「バナナがいいですよ」と答えます。 現役時代は、 朝食と共にバナナ。 朝練中にバナナ。 午後練習の前のおやつにバナナ。 午後練習中にバナナ。 夕飯と共にバナナ。 と1日5本ペースでした。 バナナは栄養価に富んだ素晴らしい果物ですが、どの辺が素晴らしいのかを分かって […]

水泳で美肌になれる!?

前回の記事「3月の「ドリルで泳ぎ込み」シリーズのお知らせ」に戻る 意外かもしれませんが、水泳を続けると美肌になれちゃいます。 その理由は、 水泳で有酸素運動ができると、血液循環がよくなり、代謝もよくなるため。 つまり、栄養の吸収率もあがり、老廃物の排出もしやすくなるので、美肌になれるのです。 水泳をしている人が若々しかったり、肌が綺麗な理由は、ここにあったのですね。 ただ、水泳後はお肌が乾燥します […]

1 2 8