スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて①

スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて①

前回の記事「水泳で心肺機能向上」に戻る

クロスフィットが流行っているが、中央大学水泳部にいたときからトレーニングには取り入れていて、それが世間一般的に広まったイメージがある。

トップアスリートは並行してやっているんじゃないかな。

社会人になり、インストラクター雑誌、NEXTにも私の記事を特集していただいたこともある。

2015年の記事ですが、気になる方はこちらから。

NEXT1012015/August スイマーのための ファンクショナルトレーニング

今はバイクやランなどのクロスエンデュランススポーツを取り入れている。

今まで水中で過ごしてきた私とは無縁のスポーツだと思っていた、トライアスロンとマラソン。

走る事に関していえば”避けてきた”という言い方が正しいだろう。

小学生の頃はクラスのリレー選手に選ばれるくらい短距離は得意だったが、長距離となると、やる気が失せていたものだ。

きっかけはトライアスリートを指導するにあたって、私自身がトライアスリートの気持ちを知りたかったから。

がしかし、やっていくうちにどんどん走れるようになるし、改善点も見えてくる。幸いにも周りにはアドバイスしてくださる方がたくさん!!!

トライアスロンレース2本、東京マラソン完走。

エンデュランススポーツトレーニングは他のスポーツにも繋がる部分は多い。 使う箇所や負荷のかかる部位こそ異なるものの、肺を使ったスポーツというのは共通だ。

私は”水泳に全てを繋げて考える癖”があるため、同じくして、バイクも、ランも「スイムにどう繋がるか」を考えトレーニングしていた。

次回「スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて②」につづく

LIFEカテゴリの最新記事