スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて⑧

スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて⑧

前回の記事「スイマーの私がトライアスロンとマラソンをやってみて⑦」へ戻る

2018年2月25日。

東京マラソン当日。

まず驚いたのは参加人数。。。

36,000人。。。

これはすごい。

今までに味わったことのない、大型イベント。

レース開始直後、2km地点で、本中野さん発見!!!

私「モトさん、ペースどれくらいなんですか?」

本中野さん「リハビリ戦だから4時間切るペースで行くよ〜」

私「ご一緒させてください!」

なんて会話をして、お供させていただくことに。

本中野さんは毎年、東京マラソンに参加されてるとのことで、勝手がわかっているらしく、それぞれのエイジでの水分補給やペースなどを逐一教えてくれる。

本当に助かりました。

モトさんがいなければ、ペースがバラバラだったに違いない。

そして結果。

34km地点で撃沈したものの、無事完走。

最後は両足が攣って、歩いてしまいました。

が、しかしものすごく良い経験。

トレーニングも良い経験でしたが、レースに出て、その雰囲気を味わえたことはかけがえのない宝物になりました。

しばらく足の疲労が取れませんでしたが、今後も陸上のトレーニングとして、バイク、ランは続けていきます。

有酸素運動という分類と、それぞれに必要なテクニックはスイムでいう体幹や耐乳酸、筋持久力強化の面では非常に有効と感じます。

次の記事「大学の体育会は社会の縮図」へ進む

LIFEカテゴリの最新記事